モール店?個人店?

モール店?個人店?

こんにちは、BoBです。

前回は、大まかな出店方法をご説明しました。

ここで、もう少し、モール店とASP店を比較してみます。

モール店とASP店の最大の違いはお客さん数です。

読者の皆さんは、ネットで買い物するとき、まずはどうします?GoogleやYahooで検索する場合もありますが、目的の商品が売ってるサイト以外の結果が沢山出てくるので、やっぱり楽天やAmazonに行って検索しますよね。

そうなんです、モール店では、何かを買う事を目的にしているお客さんをたくさん集めてくれます。半端のない集客力を持っています。なので、そこに出店しているだけで検索に引っ掛かかりさえすれば、買う気満々のお客さんは即購買に直結します。だから初心者でも簡単に商品が売れてしまうことがあります。実際、私もその昔、訳もわからず楽天でネットショップを始めたころ、何の宣伝もしないで電化製品を日に20台位売っていた経験があります。

では、ASP店はと言うと、サイトを作成し公開したところで残念ながらお店自身の集客力はゼロです。放っておくと1か月たってもお客さんはゼロ、売り上げもゼロと言うことになります。では、ASP店で運営されているみなさんどうされているかと言うと、何らかの集客対策をします。大雑把にいうとSEO、リスティング広告、アフリエイト入稿などの宣伝を行います。なので、それなりの手間と費用が必要となってきます。

次に、費用面ではどうでしょう。

モール店では、システム利用料(家賃)に加え売上に対してロイヤリティを支払います。具体的には、楽天の標準コースであるスタンダードプランでは、月額5万円+売り上げの100万円までを売上に対し4%のロイヤリティが発生します。さらに楽天ではポイント料(通常売上の1%)やアフリエイト費用(通常アフリエイト経由の売上の1%)など、結果的には売り上げの10~15%程度(100万円売ったとして10~15万円)をモールに支払わなければなりません。これは各モールごとにロイヤリティの基準やルールが違いうので比較しにくいですが、過去に私たちが統計的に費用を調査したところ、大体どこのモールでも最終的には同じくらいの結果になりました。

ただし、モール店の中でもAmazonは、料金体系が独特で、家賃は月額4500円でロイヤリティが8%~20%(商材により異なります)と初期投資が少なくて済むのが特徴です。

モール店に比べ、ASP店は(店舗の維持費のみで考えると)、月額千円~1万円位で、売り上げに対するロイヤリティが発生しないところがほとんどですのでかなり安上がりです。ただし、ASP店の場合、先にも書きましたように、集客にコストを掛けないといけませんので、オープン当初はモール店以上に費用が必要かもしれません。

費用面では、モール店でもASP店でもシステム利用料(家賃)に加え、オプション機能(FTPや一括登録機能など)に料金が発生する場合がありますのでご注意を。。。

その他、モール店のデメリットとしては2点

  • モール店では、サイトの住所ともいえる独自のドメイン(詳しくは後程ご説明します)を持てません。特に大きな問題となる訳ではありませんが長い目で見ると少しデメリットだと思います。
  • モール店では、お客さんのメールアドレスを自分のものとしてモールの販売以外には使用できません。当たり前のように思われるかもしれませんが、メルマガ等の販促を独自にできないので不自由を感じる場合があります。

トータル的には、初心者の方で資金に余裕がある方はモール店、開業資金を押さえたいならばASP店でしょうか。。。
また、視点を変えて、じっくりお店を育てたいと考えるならASP店、速攻で売り上げを上げたいならモール店となります。

著者について

fractal_menber administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。