64ビット環境におけるVB.netとOracleの関係(備忘)

64ビット環境におけるVB.netとOracleの関係(備忘)

おそらく今だけの話だと思いますが、忘れないために。。。

評価としてVB.net 2008 expressで開発したアプリケーションをWindows7の64ビット版からOracleに接続しようとしてとんでもなくハマッタので書き留めます。

VB.net 2008で開発したアプリケーションをWindows7の64ビット版上からOracleに接続する時、Oracleクライアントが10gの32ビット版だと「Oracleクライアントライブラリを読み込もうとしましたが、BadImageFormatExceptionが発行されました。この問題は23ビットのOracleクライアントコンポーネントがインストールされている環境で64ビットモードを実行すると発生します。」となんてしまいます。

PCがWindows7の64ビット版でもx86モードでインストールおよび実行できるので全て32ビットで統一すれば問題ないと高をくくってたのですが、実際はそうは行きませんでして、、、

結論から言うと、Oracle11gR2(64ビット)クライアントをインストールするとこの現象より逃れることが出来ました。

公式サイトより入手は、かなりスムース(オンライン登録は必要ですが)で有効利用させて頂きます!

著者について

fractal_menber administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。